お祝いをいただいた全ての人に贈るのが礼儀

結婚式に呼ばなかった人から結婚祝いをもらったら、お礼に結婚内祝いを贈るようにしましょう。

結婚式に付きものなのが引き出物で、引き出物とは結婚式の時にいただくお祝いに対してのお返しであり、それが結婚内祝いに当たるのですが、結婚内祝いは結婚式に来なくてもお祝いをいただいた全ての人に贈るのが礼儀となっています。

引き出物の場合は、お祝いの金額に関係なく一律で贈ることになるのですが、引き出物を贈れない場合は、それぞれいただいたお祝いの金額に対して贈るようになっています。

結婚内祝いはなるべく贈る人に喜んでもらえるものを選んだ方がよく、相手の好みが分かっているのであれば、それに合わせた品物を選んで贈るようにするのがベストとなります。

相手のことを考えて

仲の良い友達などへ結婚祝いのプレゼントには多少冗談が効いたものを送っても大丈夫ですが、結婚内祝いの品物には贈ってはいけないと言われるものも多く、タブーと言われている品物は、置き場所がなさそうな飾り物や、あまりにも個性の強い品物になります。

その他にも、結婚する2人の名前入りや写真入りの品物は、もらった方にすれば迷惑なことが多いので、結婚内祝いの品物を選ぶ時には、自分で満足するものよりも、相手の立場になって、相手が欲しいものを考えて選ぶようにしましょう。

結婚内祝いの定番は、タオルセットや日持ちのする食べ物ですが、相手の好みがきちんと分かっている時には、その人が一番喜びそうな品物や、相手の家族が喜びそうなものを選んで贈るようにしましょう。

マナーについて

結婚祝いのプレゼントもそうですが、結婚内祝いもなるべく手渡しすることをおすすめします。

結婚内祝いのマナーとしては、結婚内祝いを贈る時には直接会ってお礼を直接伝えながらお返しを渡すことがいいと言われています。

結婚内祝いを直接渡したくても、遠方にいる場合や時間がなくて会いに行けない場合には、もちろん結婚内祝いを配送してもいいのですが、その場合にはただ品物だけを送るのではなく、必ずお礼状を一緒に添えるようにしましょう。

結婚祝いをもらった時にはすぐにお礼状を送って、結婚内祝いを贈ることをそこに記してから、その後に改めて品物を贈るようにするのが礼節を重んじるやり方になります。

結婚内祝いを贈る場合には、お祝いをいただいてから1ヶ月以内には贈るようにした方がいいとされています。